モリオのモリモリblog

モリオの雑記ブログ 〜徒然なる日々〜

雑記ブログです。継続できるようにがんばるぞい!

スポーツの審判という職業が無くなる!?

どうもブロガー漫才師 (@owalion) のモリオです。


今回の記事はスポーツの審判が将来的に無くなるんじゃないかと思ったので書いてみました。

 

そう思った理由は、一番は今年行われたサッカーワールドカップです。 

ゴールに入ったか、入ってないか、AI を駆使し、ビデオ判定が行われました。

 

これによって、正しい判定が行われるのですが、試合が中断したり、審判の誤審を防ぐことができます。

 

しかし、そうなってくると、審判の必要性はあるのか?と疑問になりました。

 

今回の記事はAI の導入によって審判の有無について自分なりに思うことを書いてみました。

 

 

スポーツの審判という職業が無くなる!?

 

 

 

 

 

AI の導入について

 

本格的AI の導入はまだないとは思いますが、いろいろなスポーツ競技でビデオ判定や、機械判定は行われています。

 

前述したサッカーのゴール判定、テニスのin outの判定。野球のビデオ判定、陸上のスタートの判定などなど。

 

私はある程度の機械判定は賛成です。


あまりにもひどい誤審などは選手生命に関わることだからです。

 

 

AI 導入のメリット

 

  • 正しい判断ができる

これが一番のポイントだと思います。


100%信用できる判断なら誰しもが納得できるはず。

 

  • 選手にとってはありがたい

選手にとっては少しでも不安要素があれば、不完全燃焼で終わってしまう。


記録や、人生がかかってる試合においては正しく判断してもらわないと今後の選手生命にも関わると思います。

 

  • 人件費の削減

審判にも給料が払われているので、もちろん、機械を導入することにより、そのコストは少なくなります。

 


AI 導入のデメリット

 

  • 機械的になってしまい面白みにかける

やはり、人と人が、行うスポーツ、サポーターも選手も感情的になることがあると思います。
でも、そこもスポーツの醍醐味だと思います。


冷製に淡々と試合が行われると面白みにかけると思います。


ロボット同士の試合なんて見たくはないでしょう。

 

 

  • 機械の故障

たとえば、いくら完璧に精巧に作られている機械であろうと、メンテナンスは必要になるし、故障する可能性もあると思います。


それが試合中であれば、その時間試合は中断されるし、バグを起こした情態なら正しい判定はできなくなります。

ここも問題があると思います。

 


将来的には全部AI が判断するようになる?

 

私は野球を好きでよく見るのですが、クロスプレーや、早いプレーでは、人の目には見えないことを経験などで判断しているようにみえて、あとでビデオ判定を見てみたら間違っていたことなど結構な頻度でみかけます。


人がやっているので、ミスはあると思います。

 

聞いた話なのですが、たとえば、野球のストライクゾーンは結構アバウトで審判によってもストライクゾーンの広さは違います。

 

それをAI が一定の基準をプログラミングすれば、正しく判定できるようになるんじゃないかと聞いたことがあります。

 

もしかしたら、現在進行形でAI 審判の開発は進んでおるのかもしれません。


ボールにチップを埋め込むのか、赤外線なのか分かりませんが、研究者の方にめちゃめちゃ期待を膨らませています。

 

 


人的審判の良さがなくなってしまう

 

全てがAI になると機械的で面白くないと述べましたが、審判との抗議や、リアクションだったり、サッカーでも誇りをもってやってらっしゃる方もたくさんいると思います。それが、見れなくなるのは寂しいとも思います。

 

 


おわりに

 

今回は将来的に判定がAI になるんじゃないかと疑問に思いこの記事を書いてみました。


未来のことなので、どうなるかは分かりませんが、今は、レジや、駅員にも機械を導入する傾向になっているので、将来的に審判も機械になるんじゃないかと勝手ながら書いてみました。

 

人的審判とAI 審判との共存はあるのか?

 

これからのスポーツ界、AI 技術に注目していきたいです。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村