モリオのモリモリblog

モリオの雑記ブログ 〜徒然なる日々〜

雑記ブログです。継続できるようにがんばるぞい!

集中力が無い人はトイレでの作業をお勧めします。 ~珍しい集中の仕方~

どうもブロガー漫才師 (@owalion) のモリオです。

 

私は部屋の中で一番トイレが好きです。

 

とても静かで落ち着くし、いつもトイレに長居しています。


結構な頻度でアイデアが思い付きます。


今回はトイレでの珍しい集中の仕方を書きました。

 

集中力が無い人トイレでの作業をお勧めします
    ~珍しい集中の仕方~

 

はじめに

 

私は机でパソコンや作業をしていると、だいたい二時間で集中力が無くなります。

 

イデアなどを出すときは、ふとした時にひらめいて、それが結構トイレで多いので、一番最初トイレで作業したらめちゃめちゃ集中できて、作業も効率よくいくんじゃないかと思い、トイレに机とパソコンを持ち込んだことが一番最初でした。

 

本当ずっと集中できるので、これを煮詰まった時や作業が進まないとき、集中力が落ちたとき、締め切りが早い仕事の時にトイレに机を持ち込んで作業をしています。

 

 


なぜトイレは落ち着くのか?

 

これは私の見解ですが、いくつかあります。

 


密閉空間

 

密閉されていて、一畳くらいなので、視野が狭くなります。

人は、視野を狭くし、一点だけ見つめると視力の悪い人も少し見えるのと同じで狭い空間で視野がせまくなると目に見えるものだけに集中します。


だからおのずと、頭が冴えて集中力があがるのだと思います。

 

音を遮断する

 少なからず密閉空間なので、雑音を遮断できます。

無音というのは無理ですが、やはり静かなところは集中できます。


これは私の好みというか考えなんですが、
少し換気扇を回す音がとても集中力を高めてくれる気がします。


うるさい換気扇ではなく微弱な換気扇の音が一定に流れるとなぜだか、頭が冴えてきます。
これは私だけかもしれませんが、無音より集中できます。

 

 

 

無防備

 

 

 トイレというところは、いえば一番無防備です。


自分の恥部をさらけ出していて、お風呂と同じくらい心をさらけ出しています。


一人ということで、誰にも見られていないということもあり、心が大きくなり、大っぴらけ情態です。

 

この一番リラックスできる情態なのも集中力が上がり頭が冴えるひとつの要因だと思います。

 


トイレは宇宙

お笑い芸人の千原ジュニアさんがトイレは宇宙という本を出されています。


その内容はジュニアさんがいつもトイレにノートを置いていて、トイレで思い付いたことをノートに書き込みそれが貯まってきてメモの内容をそのまま本にして出版したという。
すごい話。


無限のアイデアがトイレで思い付くので、トイレは宇宙であると。納得ですね。

 

他にも小さい時からトイレに世界中の国旗が書いてあるポスターを張っていて全ての国旗を覚えた子どもがいたり、やはり、トイレにはなにか不思議な力があると思います。


千原ジュニアさんはトイレは宇宙であると例えましたが、私はトイレのことを精神と時の部屋と呼んでいます。

 

 

トイレでの作業の仕方

私のトイレでの作業方法は、
まず、最終手段なことです。


いろいろやって、もう集中力が無い、でも頑張らないとという最終手段にトイレに籠ります。

トイレに入る小さい机を用意します。


主に、パソコンや読書、執筆をするので、腰や肩が痛くならないちょうどいい高さの机を買いました。

 

あとは、ひたすら便座に座り、黙々と時間も見ずに作業に没頭する。とてもシンプルです。

 

 


おわりに


どうでしたか?


最近ネタみたいな記事ばかり書いていますが、

どうしても集中できない方や、煮詰まった方は、騙されたと思って試してみてください。


めちゃめちゃ集中できるのは事実ですから。


誰かの参考になればありがたいです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村