モリオのモリモリblog

モリオの雑記ブログ 〜徒然なる日々〜

雑記ブログです。継続できるようにがんばるぞい!

坊主のメリットデメリット ~髪型、ファッションとしての坊主~

どうもブロガー漫才師 (@owalion) のモリオです。

 

私は高校卒業するまではずっと坊主でした。

それは野球部に所属していたからです。

 

大学に入ってからは坊主しかしてこなかったので、いろいろな髪型に挑戦しました。

ロン毛、金髪、アシンメトリー、パーマ、モヒカンetc.

 

そして、現在アラサーに差し掛かり、また坊主に戻しました。長さは3~6ミリが個人的にはベストの長さです。


それ以上になると自分でバリカンで長さを調節します。


今までいろいろな髪型にしましたが、私は一番坊主が合っていました。

 

そこで、今回は坊主の良さを少しでも伝えたいので記事を書きます。

坊主を考えている方参考にどうぞ

 

 

 

坊主メリットデメリット
~髪型、ファッションとしての坊主~

 

 

 

 

 

 

坊主のメリット

 

素材で勝負

 

ここを声を大にして言いたいのですが、
坊主という髪型はめちゃめちゃ潔いです。


顔面の素材だけで勝負しています。


だから坊主でかっこいいやつが一番かっこいいです。


中途半端な顔のやつが髪型でごまかしてモテているのがとても遺憾に思います。


たまに町歩いてても髪型めちゃめちゃお洒落にしてるけど、顔見たら豚やんみたいなやつ結構います。


坊主にして素材で勝負しろと言いたいです。


それくらい坊主は潔いし、坊主で似合うやつが一番かっこいいと個人的意見ですが思っています。

 

 

 

朝の支度が早くなる

 

朝の準備が格段に早いです。
顔洗って服着替えるだけ。


寝癖直したり髪型整えるのって結構めんどうで時間がかかりますよね。


坊主にすれば、この時間を食事にしたり、ギリギリまで寝たり、読書にしたり、早く出て喫茶店行ったりとても時間を有効に使えます。


朝の準備がとても楽になります。


ここもストロングポイントですね。

 

 

 

ドライヤーしなくていい

 

お風呂から上がって正直ドライヤーしなくてもすぐ乾いてくれます。


髪の長さが短ければ短いほど乾くスピードは早いです。


タオル一回通したら乾きます。


ドライヤーを使わないので、時間も短縮できて、電気代も抑えられてとてもエコです。

 

 


お金がかからない

 

お金は最初のバリカン代のみです。


毎月美容院に通うと安いところもありますが、
ちゃんとした美容師にカットしてもらわないなかなか1000円カットや自分でカットするとお洒落にはなりにくいです。


美容院代がだいたい3~5千円くらい、パーマとか、髪染めるともっとかかるので、お金がかかります。

 

その点坊主はお金かからないし、自分で全然うまくでしるのでいいです。

 

その美容院に使うお金で、おいしいご飯食べたり旅行資金に充てれます。

 

坊主はコスパが最強です。

 

 

 

帽子選びが楽しくなる

 

私は坊主にしてからいろいろな帽子を被りました。


というのも、髪型を考えることがなくなったので、自然な流れで帽子を手に取るようになり、小物ファッションの幅が広がりました。


キャップ、ハット、ニット帽、ハンチングいろいろ被って帽子集めたりするのが、一種の趣味になりました。


髪型をガチガチに固めて作ると帽子を被ろうなんて、発想が少なくなると思うので、その点坊主ですけど、お洒落の幅は広くなりとてもお洒落を楽しめるようになりました。

 

 

 

坊主のデメリット


特になし!!!

これは個人的に意見です笑

 

強いて言うなら、「たまに伸ばしたいと思うことがある」くらいです笑

一度坊主にすると伸ばすのが大変というか、めんどくさくなります。

 

高校球児が引退して中途半端に伸びた坊主が一番ダサいです。

 

これの改善点としては、

 

いまのところこの二つしか改善策はありません。

 

ここを乗り気ってようやくちがう髪型になれます。

 

私はここまで行くのがしんどいというのがあったので、坊主に落ち着きました。

 

 


おわりに

 

どうですか?
坊主のメリット、デメリットを書きました。


確かに、飽きるというのもあるかもしれませんが、それを差し引いても圧倒的に坊主がいいので、坊主をオススメします。


みんな坊主にしたら、かっこいいやつとそうでないやつは一目瞭然だし、内面も見てくれると思います。


私はここに一億総坊主時代を推薦します。

 

今回はなにいうてんねん!連発のネタ記事ですいません。

 

これは個人の意見なので、参考になったという方がいれば嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村