モリオのモリモリblog

モリオの雑記ブログ 〜徒然なる日々〜

雑記ブログです。継続できるようにがんばるぞい!

双子(二卵性双生児)の運動神経比較考察

どうもブロガー漫才師 (@owalion) モリオです。

 

私は二卵性双生児の双子の兄です。

 

小さい頃は顔も声も身長も体重も同じで勉強の成績もほぼ同じでした。

しかし、運動神経は少しだけ違いました。


今回は双子の運動神経の比較を実体験を基に書いてみました。

ちなみに私は足が速く
弟は器械体操が得意でした。


幼稚園の頃はほとんど差はないので小学生から中学生、高校生と成長段階に分けて書いてます。

 


双子(二卵性双生児)の運動神経比較考察

 

 

 


小学生の頃


小学生低学年の頃はまだそんなに差はなかったと思います。

 

小学二年の頃から、少年野球チームに入り、少林寺憲法という習い事を始めました。

小学四年生くらいから少しずつ変わってきたように思います。

 

その理由としては、
兄の私は野球、少林寺憲法の習い事の他に小学校代表の駅伝のチームに選ばれました。

 

弟は駅伝チームに入ってはいたのですが、途中でメンバーから外れてしまいました。

 

私は小学校四年生からほぼ毎日走り込みを始めたのでここで少し脚力の差は開いたと思います。

 

それでも0.3秒くらいの差でした。

 

 

 


中学生の頃

 

中学生の頃は部活動は別々でした。

 

私は小学生から引き続き野球部に所属しました。

弟はテニス部に所属しました。

 

この頃から足の速さは少し差がでました。

 

やはり、野球部は走り込みをするので、脚力の差がついたのだと感じます。

 

しかし、この頃から弟には違う運動能力があるのを知りました。 

それが体操でした。

 

体育の授業で器械体操があり、マットや跳び箱があったのですが、双子の私より遥かにうまくできていました。 

 

運動神経は私のほうが優れていると思っていたのでびっくりしました。

弟は器械体操のセンス、身体をうまく動かす能力が高かったのです。

 

なぜ弟だけ身体を動かす能力に優れていたのか考えたのですが、これは少し遺伝もあるのかなと思いました。

 

私の父親が学生の頃体操選手をやっていたそうで、それを遺伝的に受け継いだほうが弟なのかなと思いました。

 

そんな感じで、この頃から足の速さは兄で、体操は弟と、得意分野がはっきり分かれました。

 

ちなみにこの時も体つきはほぼ変わらず、身長、体重はほぼ一緒でした。

 

 

 

高校生の頃

 


高校生になると成長期というのもあって、少しずつ体つきも変わっていきました。

 

高校は別々の所に進学し、環境もがらりと変わりました。

 

兄の私は高校でも野球をして、より厳しい環境で身体を鍛えていました。

 

弟の方はテニス、柔道を経てダンスを始めました。

 

やはり、弟は父親の遺伝的な体操、身体をうまく使う能力が優れているので、ダンスも上達が早かったです。


私もダンスを教えてもらったのですが、全然上達しませんでした。
これは遺伝だと感じます。

 

この頃には自分の得意分野に気づいて

各々が得意な競技に力を入れていました。

 

高校の頃くらいから、二卵性双生児の双子はおおよそ見分けがつくくらい変わっていくと思います。

 

身長は同じでしたが、顔つきや、体重も5キロほど違う時もあり、筋肉のつきかたも全然違いました。

 

髪型が違うと双子とさえ言わないと分からないくらいになりました。

 

二十歳を越えれば送っている生活が違うので、
ほぼ、同い年の兄弟って感じです。


見た目も全然違ってきました。

 

以上の結果をもちまして

 

 

結論


環境に左右される。 

 

一緒に行動していると、そんな差は生まれなかったと思います。

 

やはり、違う部活動であったり、学校環境、人間関係によって、双子でも大きく変化していくと思います。

 

一卵性の双子はちょっと分からないですけど、
今まで生きてきたことでわかった結論は、双子の運動神経の差異は環境が影響するです。

 

誰かの参考になればありがたいです。

 

 

 

www.morimorimorio.com

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村