モリオのモリモリblog

モリオの雑記ブログ 〜徒然なる日々〜

雑記ブログです。継続できるようにがんばるぞい!

売れてない若手芸人が革命のファンファーレを読んで思うこと

こんにちは❗

久しぶりの更新となりました!病弱モリオです。

 

今回は西野亮廣さん著『革命のファンファーレ』を今更ながら読んだので、

全く売れていない若手芸人の立場から、生意気ながら思うことを書いていきたいと思います。

 

f:id:asobitokuda:20180603165852j:plain

 

革命のファンファーレ

   ~現代のお金と広告~

 

 

 

 

 

はじめに

 

私は現在よしもとクリエイティブエージェンシーに出入りしている若手芸人です。

 

月のライブは3本全く売れていません。売れる気配がありません(笑)

しかし、芸人は好きです。辞めたくありません。ずっと続けたい!!

 

普通芸人を5年ほどやれば、自分の才能の有無は分かります。

結果が出なければ辞めるしかないのです。

 

でも好きだから続けているこういう人はたくさんいます。

なら自分はどうするべきか??

そんな中、この本に出会いました。

 

以下は革命のファンファーレの内容と若手芸人を照らし合わせて書いていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

 

 

 

 

お金とは信用を数値化したもの

 

 

 

西野さんはお金は信用を数値化したものであるとこの本で述べています。

僕も確かにそうだなと思います。

 

お笑いのファンの方は、笑わせてくれるという信用があるからこそライブに足を運んで来ているのです。もしくは演者の人柄や性格が好きで見に来ています。

そこにチケット代か高い安いはさほど気にしていないように思われます。

 

しかし、信用を稼ぐのは簡単ではありません。

笑いという高い商品価値を提供し、圧倒的な努力が必要になるのです。

 

努力量が足りていない努力は努力ではない。

誤った努力も努力ではない。

納得ですね。

 

 

 

好きなことで生きていく

 

西野さんは、これからの時代は嫌な仕事、ストレスのかかる時間は自動化され無くなっていくと述べています。ということは、好きな仕事だけが残ると。

 

好きなことで生きていけるのは本当に良いことです。

僕は今好きなことをしています。これでお金を稼げれば最高です。

 

そのために信用を稼ぐ!

好きなことを見つける、やりたいことを見つける。

まぁ、これがなかなか難しいんですけどね笑

 

 

 

 

肩書きは多いほうが良い

 

革命のファンファーレを読んで一番感銘を受けたのは

これからの時代は肩書きは多いほうが良い。

リスクヘッジができる

 

これはなるほどと思いましたね。

 

西野さんも芸人という肩書きと、絵本作家、クリエイターなど

たくさんの肩書きをお持ちです。

 

それぞれ違う収入源が確保できるというのはとても良いことだと思いました。 

 

若手芸人はお金が全くありません。ほとんどの時間をバイトに割いています。

バイトが多くてお笑いが出来ていないのは本末転倒ですし、お金が無くて芸人を辞めていった人をたくさん見てきました。

 

お笑い意外の収入を確保し、リスクを分散する。

とてもいい考えだと強く感銘を受けました。

 

 

 

 

おわりに

 

『革命のファンファーレ』

~現代のお金と広告~

を読んで思ったこと

  • 信用を稼ぐ!行動する
  • 肩書きを増やす!リスヘッジ
  • 圧倒的な努力!

 これですね!

皆さまも是非革命のファンファーレを読んでみてください!

勉強になることがあると思います。

 

この他にもっと内容を詳しく知りたい方は

魔法のコンパスを読むのをオススメします。

 

お付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村